ホーム
結婚式招待状席次表を作ろう!

結婚証明書を作ろう

愛の証をいつまでも

教会式や人前式には欠かすことのできない結婚証明書。
結婚の記念やイベントとして、手作りで用意するカップルが増えています。

ここでは、手軽にできる結婚証明書作りについてご紹介しましょう。

ホーム > ペーパーアイテム大百科 > 作ってみよう:結婚証明書を作ろう / 戻る

結婚証明書

結婚証明書

 結婚証明書は、あらかじめハードカバーに証明書がセットされて販売されているものがほとんどです。 ペーパーアイテムのメーカーによっては、ペーパーアイテムと統一されたデザインの結婚証明書やゲストブックをラインナップしているところもあります。

 市販の結婚証明書は、必要な部分が既に印刷されていて、あとは新郎新婦や立会人が署名するだけで良いようになっています。 とても便利ですが、誓いの言葉やスタイルを変更できないので、中に入れる結婚証明書と立会人簿を手作りして差し替えて使う方もいるようです。

結婚証明書の基本

 国内の挙式で使用する結婚証明書は正式なものではなく、セレモニーの演出に近いものですので、大きさや作り方に決まりはありません。
 チャペルを備えた結婚式場などでは、あらかじめ結婚証明書が用意されていることも多いので、多くの場合、人前式などで手作りの結婚証明書を用意します。 特に、人前式では、立会人の前で結婚を誓うことになりますので、結婚証明書と立会人署名簿は欠かすことができません。

 結婚証明書には、多くの場合、「誓いの言葉」「新郎新婦の署名」「代表立会人の署名」「日付」「場所」などを記載します。大きさはA4サイズが主流です。 基本スタイルは、どの結婚証明書でもほぼ同じですので、テンプレートを利用して自分用にアレンジして作るのが良いでしょう。

 挙式後は、額などに入れて飾っておきましょう。

 マリッジスタイルのデザインテンプレートには、結婚証明書や立会人署名簿も用意されていますので、ぜひ、ご利用ください。

ホーム > ペーパーアイテム大百科 > 作ってみよう:結婚証明書を作ろう / 戻る