ホーム
結婚式招待状席次表を作ろう!

おすすめのプリンター

手作りにはこんなプリンターがおすすめ

招待状や席次表の印刷には欠かせないプリンター。
最新プリンターの紹介をとおして、プリンター選びのポイントをご紹介します。

ホーム > ペーパーアイテム大百科 > おすすめのプリンター / 戻る

「手作りペーパーアイテム」おすすめのプリンターあれこれ

 近年、家庭用のプリンターは高画質、超高速、フチなし印刷はあたりまえ。A3対応や、スキャナー&カラーコピー機能が付いた複合機などの機種も増え、ペーパーアイテム作りの幅もグーンと広がってきています。

 数あるプリンターの中から、ここでは、EPSON(セイコーエプソン株式会社)の最新機種(2005年2月現在)から、いくつかピックアップしてご紹介します。 EPSONプリンターは家庭用プリンターでは特に人気で、初心者向きの使いやすさ、対応用紙のバリエーション、印刷のスピード、インクやアクセサリーの入手のしやすさなども考えると、ペーパーアイテム作りには特におすすめです。

 ご結婚を機にプリンターの購入をお考えの方、そろそろ新しい機種に買い換えようとお考えの方は、「プリンター選びのポイント」も併せて、参考にしてください。

● EPSON カラリオ PM-G820 お手頃価格で初心者におすすめ

PM-G820  「ホワイト&スタイリッシュ」で女性にも人気のモデルです。名刺サイズからA4サイズまで印刷できるので、招待状や席次表、付箋やカード、席札作りも大丈夫。6色「つよインク」で写真印刷もきれいで長持ち。ペーパーアイテム作りから、結婚式、新婚旅行の写真印刷、年賀状印刷にも使えます。

詳細と製品レビューはこちら

ペーパーアイテム対応表
招待状 (A5サイズ) はがき
席次表 (A4サイズ) 往復はがき
席次表 (A3サイズ) × 封筒(洋形1号)
席札 (はがきサイズ) ウェルカムボード (A4サイズ)
カード、付箋 (名刺サイズ) ウェルカムボード (A3サイズ) ×
カード、付箋 (A4 名刺10面付)    
● EPSON オールフォト・カラリオ PM-A900 パソコンが無くても楽しめます

PM-A900  ペーパーアイテム作りに関しては上記のPM-G820とほとんど同じですが、最近流行のスキャナ&カラーコピー一体型モデル。子供の頃の写真や2人の想い出の写真をスキャナーで取り込んでプロフィールを作ったりという使い方もOK。パソコンを繋がなくてもデジカメから直接印刷したり、写真のネガから直接印刷もできるので、結婚式や新婚旅行の写真整理にも力を発揮します。

詳細と製品レビューはこちら

ペーパーアイテム対応表
招待状 (A5サイズ) はがき
席次表 (A4サイズ) 往復はがき
席次表 (A3サイズ) × 封筒(洋形1号)
席札 (はがきサイズ) ウェルカムボード (A4サイズ)
カード、付箋 (名刺サイズ) ウェルカムボード (A3サイズ) ×
カード、付箋 (A4 名刺10面付)    
● EPSON カラリオ・プロセレクション PX-G5000 最強!こだわる人におすすめ

PM-G820  名刺サイズからA3サイズまで印刷できる8色顔料インクの高品質モデルです。小さなカードや付箋、ゆとりのA3席次表、大判ウェルカムボードもバッチリ。印刷スピードも速いので、時間に追われるペーパーアイテム作りにも安心です。結婚式の写真を使ったポスターなんかも作ってみてはいかがですか。

詳細と製品レビューはこちら

ペーパーアイテム対応表
招待状 (A5サイズ) はがき
席次表 (A4サイズ) 往復はがき
席次表 (A3サイズ) 封筒(洋形1号)
席札 (はがきサイズ) ウェルカムボード (A4サイズ)
カード、付箋 (名刺サイズ) ウェルカムボード (A3サイズ)
カード、付箋 (A4 名刺10面付)    

ポイントプリンター選びのポイント

 通常の写真印刷や年賀状印刷の他に、ペーパーアイテム作りにも利用したいという目的でプリンターを選ぶ際には、いくつかのチェックポイントがあります。

●対応用紙サイズ

 一般的な招待状に使われるA5サイズから席次表のA4サイズまで対応しているのは基本中の基本。 付箋やサンキューカードにも手軽に使える名刺サイズや、大人数の席次表作りに欠かせないA3サイズもカバーしていれば言うことなしです。
 招待状用の封筒として主流の洋形1号サイズや二次会案内用の往復はがきサイズに対応しているかもチェックしましょう。

●印刷マージン

 最近のプリンターはフチなし印刷はあたりまえ。でも、フチなし印刷ができる用紙サイズはあらかじめ決まっています。
 招待状に使うA5サイズはフチなし印刷ができないのが一般的。フチなし印刷ができない場合は、周囲に3〜10mm程度のマージン(印刷できない部分)が必要なので、招待状のデザインをするときには注意が必要です。

●ユーザー定義サイズ

 ペーパーアイテムには、規格サイズ以外の大きさの用紙が結構あります。台紙と中紙が分かれるタイプのものは、台紙の大きさが規格サイズより一回り大きくなっています。
 このような規格外のサイズに正しく印刷するには、プリンターがユーザー定義の用紙サイズをサポートしている必要があります。最近のプリンターの多くがサポートしていますが、メーカーによって定義できる範囲が異なるので注意が必要です。
 ユーザー定義可能サイズはカタログには記載されていないことが多いので、お使いになるペーパーアイテムの大きさが定義できるかどうか、あらかじめお店の方やメーカーに問い合わせておくことをお薦めします。

●印刷スピード

 ペーパーアイテム作りでは、印刷のスピードは重要なチェックポイントです。招待状や席次表は何十枚も印刷しなければならないので、印刷スピードが速いに越したことはありません。特に席次表は、挙式までにあまり時間が無い状態で印刷しなければならないため、印刷にかかる時間を十分に考えておかないと挙式前日に徹夜なんてことも。

このページの目次

おすすめプリンター

プリンター選びのポイント



ここで紹介するプリンターはいくつかのタイプを代表する機種で、この他にもたくさんの機種があります。

プリンター選びのポイント」をお読みいただき、お使いになる用紙のサイズや、ペーパーアイテム以外の利用法、ライフスタイルなども考慮して選びましょう。

ホーム > ペーパーアイテム大百科 > おすすめのプリンター / 戻る