ホーム
結婚式招待状席次表を作ろう!

付箋を作る

招待状に添える付箋作りの手順とポイント

挙式案内やスピーチ、余興の依頼は付箋に印刷して同封します。


一般にも、付箋専用という手作り用ペーパーアイテムはあまり見掛けないので、
ここでは、「リンデンシード」の席札・サンキューカード用ペーパーアイテムを使って付箋を作ります。

ホーム > ペーパーアイテム大百科 > 自分でつくるペーパーアイテム > 招待状(付箋を作る) / 戻る

このページで作るものは付箋です

写真:付箋

お客様へのご案内「付箋」を作りましょう

 付箋は式場などで用意されている場合もありますが、自分で作る場合は、サンキューカードを流用すると便利。

Step1

テンプレートを選びましょう

 「らくらくウェディングペーパーデザイン」には、付箋専用のテンプレートは用意されていません。付箋は名刺大のカードを使うことが多いので、サンキューカード用のテンプレートを付箋として利用します。

席札・サンキューカードのテンプレートを選択します。

 「テンプレートの選び方」を参考に、下記のテンプレートを開きます。

デザイン フレッシュアイビー
カラー ブラウン
種類 席札・サンキューカード
サイズ A4
テンプレート名 02 席札(うら面)(左図)

関連ページへ詳細:テンプレートの選び方


プリンターの用紙設定の確認します。

 ご自分用にアレンジを行う前に、プリンターの用紙設定がこれから作成する用紙サイズになっているかどうかを確かめましょう。「用紙設定の方法」のページを参考に、用紙サイズと用紙の向きを下記のように設定します。

用紙サイズ A4(210mmx297mm)
用紙方向 たて

関連ページへ詳細:用紙設定の方法(定型サイズの場合)

ここに注意しましょう!
 テンプレートの端の方に赤い枠が表示されていますが、この枠の中がお使いのプリンターで印刷可能な範囲です。赤い枠の外側は印刷されませんので、デザインが赤枠の中に入るようにアレンジしましょう。

Step2

文章を入れ替えましょう

 席札・サンキューカード用のテンプレートをアレンジして、スピーチや乾杯の音頭、余興等をお願いする文面を入力します。このテンプレートは、1枚の用紙に10枚のカードを乗せてあるので、いちどに10種類の付箋が作れます。左上のカードから順に作っていき、印刷しないカード上の部品は削除します。

スピーチをお願いするメッセージを入力します。

左上のカードをスピーチ依頼の付箋にします。

入力手順
  1. 画面上にある「お客様へのメッセージをどうぞ」という文章をダブルクリック。
  2. 「部品情報」ダイアログを開きます。
  3. ダイアログ上の編集欄を「 追伸 誠に恐縮でございますが 披露宴にてひと言お言葉を賜りたく宜しくお願い申し上げます」と書き換えます。
  4. 「OK」ボタンをクリックして完了です。

関連ページへ詳細:文章の入力と編集方法

関連ページへ付箋の文例


図:画像入れ替え

付箋用にデザインをアレンジします。

 サンキューカード用の「Thanks」という文字の代わりに飾り用のイラストと入れ替えます。

入れ替え手順
  1. 入れ替えたいイメージ部品をダブルクリックて、部品情報」ダイアログを開きます。
  2. 「部品情報」ダイアログの「カタログから選ぶ」ボタンをクリックして「イメージカタログ」を開きます。
  3. 作成中の「フレッシュアイビー」用の飾り罫やイラストが一覧表示されるので、「種類:飾り」から、「112-飾り小」というイラストを選びます。
  4. 「選択」ボタンをクリックすると「イメージカタログ」が閉じて、選択したイメージと入れ替わります。

 必要に応じ、同じ要領で様々な付箋を1枚づつ入力していきます。1シートに同じ内容の付箋を10枚作っても良いですし、違う内容のものを必要な数だけ作っても良いでしょう。


イメージ

デザインアレンジに挑戦!
 「らくらくウェディングペーパーデザイン」ならデジカメの写真や、イラストなど素材の追加、移動、変形が自由自在!お二人の写真などを使ってオリジナリティを演出しましょう。

関連ページへデザインアレンジメニュー

ファイルアイコン アレンジが済んだら、必ずファイルに保存しましょう
 編集したファイルは、ファイル名を「私の招待状付箋」として「マイドキュメント」に保存します。大切なファイルなので、定期的に他のフォルダにコピーしたりCD-Rなどにバックアップしましょう。

Step3

印刷しましょう。

 印刷時の失敗がもっとも多いので、まずは普通紙でテスト印刷をしましょう。

図:印刷

充分にテスト印刷をしましょう。

 テスト印刷では実際のペーパーアイテムと同じA4サイズの普通紙を用意して印刷しましょう。

 印刷してみると、プリンターによっては印字位置が微妙にずれる事があります。その際は、印字位置の調整機能で、印刷位置の微調整を行います。

関連ページへ詳細:印刷と位置調整について


ここに注意しましょう!
 10面付けの用紙は、いちどに10枚分を印刷することになるので、必要となる付箋を全部入力しておきます。名刺サイズに直接印刷できるプリンターの場合には、切り離したカードに1枚づつ直接印刷できるので便利です。

Step4

付箋の完成です

写真:付箋

切り取ったら付箋の完成です。

 印刷が終わったら、各カードをミシン目に沿って切り離します。はじめにしっかり折り曲げると簡単に切り取れます。


招待状に必要なその他のアイテム


ホーム > ペーパーアイテム大百科 > 自分でつくるペーパーアイテム > 招待状(付箋を作る) / 戻る