ホーム
結婚式招待状席次表を作ろう!

返信ハガキを作る

出欠確認のための返信ハガキ作りの手順とポイント

招待状本状が完成したら、もう一息。
招待状に同封する様々なアイテムも作っていきましょう。

まずは、招待状に不可欠な、挙式、披露宴への出欠を確認するための返信ハガキを作りましょう。
返信ハガキには、デザイン以外にも宛先の印刷が必要です。
切手も忘れずに。

ホーム > ペーパーアイテム大百科 > 自分でつくるペーパーアイテム > 招待状(招待状の返信ハガキを作る) / 戻る

このページで作るものは返信ハガキです

写真:返信ハガキ

お客様のお返事を受け取る「返信ハガキ」を作りましょう。

 出欠の確認を行う「返信ハガキ」は、返信先の書き間違いや、切手の貼り忘れがないように。

Step1

テンプレートを選びましょう

まず、はじめに返信ハガキの裏面を作ります。

図:テンプレート選択

返信はがきのテンプレートを選択します。

 「テンプレートの選び方」を参考に、下記のテンプレートを開きます。

デザイン フレッシュアイビー
カラー ブラウン
種類 はがき&封筒
サイズ はがき
テンプレート名 01 出欠はがき(左図)

関連ページへ詳細:テンプレートの選び方


プリンターの用紙設定の確認します。

 アレンジを行う前に、プリンターの用紙設定がこれから作成する用紙サイズになっているかどうかを確かめましょう。「用紙設定の方法」のページを参考に、用紙サイズと用紙の向きを下記のように設定します。

用紙サイズ はがき(100mmx148mm)
用紙方向 たて

関連ページへ詳細:用紙設定の方法(定型サイズの場合)

ここに注意しましょう!
 テンプレートの端の方に赤い枠が表示されていますが、この枠の中がお使いのプリンターで印刷可能な範囲です。赤い枠の外側は印刷されませんので、デザインが赤枠の中に入るようにアレンジしましょう。

Step2

返信ハガキの裏面はそのままでもOK

 返信ハガキ用テンプレートの裏面はそのまま印刷すれば良いようになっています。必要に応じてアレンジしてください。

イメージ

デザインアレンジに挑戦!
 「らくらくウェディングペーパーデザイン」ならデジカメの写真や、イラストなど素材の追加、移動、変形が自由自在!お二人の写真などを使ってオリジナリティを演出しましょう。

関連ページへデザインアレンジメニュー

ファイルアイコン アレンジが済んだら、必ずファイルに保存しましょう
 編集したファイルは、ファイル名を「私の返信はがき(うら)」として「マイドキュメント」に保存します。大切なファイルなので、定期的に他のフォルダにコピーしたりCD-Rなどにバックアップしましょう。

Step3

テンプレートを選びましょう

次に、返信ハガキの宛名面(返信先)を作ります。

図:テンプレート選択

はがきの宛名テンプレートを選択します。

 「テンプレートの選び方」を参考に、下記のテンプレートを開きます。

デザイン フリーデザイン
※デザイン選択画面で「フリーデザイン」が表示されない場合は、下記ページよりダウンロードしてインストールしてください。

関連ページへフリーデザインのダウンロード

カラー 無地
種類 はがき&封筒
サイズ はがき(宛名)
テンプレート名 03 出欠はがき(返信用)(左図)

関連ページへ詳細:テンプレートの選び方


プリンターの用紙設定の確認します。

返信はがき裏面同様に用紙設定の大きさを確認しておきましょう。

用紙サイズ はがき(100mmx148mm)
用紙方向 たて

関連ページへ詳細:用紙設定の方法(定型サイズの場合)

ここに注意しましょう!
 テンプレートの端の方に赤い枠が表示されていますが、この枠の中がお使いのプリンターで印刷可能な範囲です。赤い枠の外側は印刷されませんので、デザインが赤枠の中に入るようにアレンジしましょう。

Step4

宛名(返信先)を入力しましょう

 返信ハガキの宛名面に返信先の住所、氏名を入力しましょう。差出人が本人の場合は返信先も本人、差出人がお父様(お母様)の場合には返信先もお父様(お母様)とするのが一般的です。新郎側、新婦側とに分けて作成します。

図:文章入力

宛名面を編集します。

 テンプレートには、サンプルの宛先が入力されています。ご自分達用に入力し直しましょう。

入力手順
  1. 編集画面で、郵便番号、住所、氏名など編集したい文章をダブルクリック。
  2. 「部品情報」ダイアログを開きます。
  3. ダイアログ上の文章を書き換えます。
  4. 「OK」ボタンをクリックして完了です。

関連ページへ詳細:文章の入力と編集方法


ファイルアイコン アレンジが済んだら、必ずファイルに保存しましょう
 編集したファイルは、ファイル名を「私の返信はがき(新郎宛名)」として「マイドキュメント」に保存します。大切なファイルなので、定期的に他のフォルダにコピーしたりCD-Rなどにバックアップしましょう。

Step5

 返信ハガキの宛名面、裏面をそれぞれ印刷しましょう。。

印刷時の失敗がもっとも多いので、まずは普通紙でテスト印刷をしましょう。また本番では何十枚も印刷することになりますので、思いのほか時間やインクが必要な場合もあります。充分に余裕をもって印刷しましょう。

図:印刷

充分にテスト印刷をしましょう

 テスト印刷ではハガキサイズの普通紙を用意して印刷しましょう。

 印刷してみると、プリンターによっては印字位置が微妙にずれる事があります。その際は、印字位置の調整機能で、印刷位置の微調整を行います。

関連ページへ詳細:印刷と位置調整について


ここに注意しましょう!
 返信ハガキの印刷は、まず裏面をまとめて印刷し、その後、宛名面を印刷します。一度印刷した用紙に再度印刷することになるので、インクが充分に乾いたかどうか確認しましょう。

Step6

返信ハガキの完成です

写真:返信ハガキ

切手を貼って返信ハガキの完成です。

 印刷が終わったら、最後の仕上げに50円切手を貼っておくことを忘れずに。

 慶事用の綺麗な切手がいろいろあるので、郵便局で探してみましょう。花嫁切手が定番のようです。郵便局のサービスで、2人の写真やイラストから作れるオリジナル切手も素敵です。

関連ページへ郵便局ホームページへ


招待状に必要なその他のアイテム


ホーム > ペーパーアイテム大百科 > 自分でつくるペーパーアイテム > 招待状(招待状の返信ハガキを作る) / 戻る